FC2ブログ
レクサス、ハイブリッドを意匠で演出・国内・国外・経済・芸能・スポーツ・気象・災害・地域情報などいろいろなジャンルの様々な気になった出来事についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクサス、ハイブリッドを意匠で演出


ガソリンが高騰している今、ハイブリットカーに注目しているのよ。

乗りた~い!!

でも燃費は?

LS600hはいくらなの?

調べなきゃ。

記事はこちら ↓

【レクサス LS600h 発表】ハイブリッドを意匠で演出

新型レクサス『LS600h』/『LS600hL』(5月17日発売)のエクステリアは、基本的にはノーマルの『LS460』を踏襲しているが、トヨタの他のハイブリッドカーと同様、さまざまな差別化が行われている。

エクステリアで目を引くのは、フロントグリルとトランクリッドに配された、ほのかなブルーのグラデーションをあしらった「L」マークのエンブレム。

エンブレムを変えたのはトヨタのハイブリッドカーとして初の演出。
「環境にやさしい高級車というイメージをビジュアライズした」(トヨタ関係者)という。
ちなみに「L」マークのブルー化は、カードキー、電子キーでも同様に行われているという徹底ぶり。

車名の「600h」「600h」の部分は、レクサス『GS450h』と同様、シルバーの縁取りと青地の組み合わせ。サイドドアモールにも「HYBRID」のロゴがつく。

相違点はロゴ類だけではない。
ロービームの光源に白色LEDを採用したヘッドランプは、ベゼルなどに青色が配され、ブルー=環境対応のイメージを演出。
リアコンビネーションランプも、ターンシグナル部分にブルーの真一文字のラインが引かれている。

「引用:livedoorニュース」http://news.livedoor.com/trackback/3179758

Copyright © 子持ち主婦の気になるニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by
カウンター FC2ブログジャンキー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。